HOME » Live Report » 「富士ケルン」・Mostly 関西ツア- 2002 with 愛川篤人

「富士ケルン」・Mostly 関西ツア- 2002 with 愛川篤人

posted Posted:'02.11.10 (Sun)

[スケジュール]
10/18(金) 京都祇園:サントロペー
Guest:片山恵依子(ボーカル)
10/19(土) 奈良吉野:宝の家
10/21(月) 神戸:ビッグアップル
Guest:嶋本高之(トランペット)、樋口広大(ドラムス)
10/23(水) 京都:ルクラブジャズ
Guest:片山恵依子(ボーカル)、東敏之(ドラムス)
10/25(金) 静岡:富士ケルン
Guest:片山恵依子(ボーカル)、松田広士(ドラムス)
11/01(金) 東京:上野GH9
Guest:池田篤(アルトサックス)、原 大力(ドラムス)

「富士ケルン」・Mostly 関西ツア- 2002 with 愛川篤人  富士にやってきた。
ホテルの前にはヤマハ音楽教室があった。さすがヤマハの本拠地静岡だね。指慣らしに教室のピアノを借りる。どこからかプッチーニの歌曲やエレクトーンが聞える。エレクトーンの音も私が子供の頃と比べてずいぶんと発達したもんだ。
エレーナさんが車で迎えに来てくれた。さあ、「ケルン」へ出発だ。
「富士山ってどこにあるんですかぁ?」と私。「目立つはずですよ。」とエレーナさん。

はぁ。車の中から捜したが発見できぬまま「ケルン」へ到着。こんな殺風景なとこにジャズクラブが?「そう、こんなとこにドドーっと人が集まるんですよ。」へぇ〜。お店にはいると、マスター(写真下・奥様と)登場。


「富士ケルン」・Mostly 関西ツア- 2002 with 愛川篤人 なるほどジャズ・マニヤックな風貌。
カウンターの奥にはダーッとレコードが並ぶ。ステージはこれまたヴィレッジヴァンガードのような雰囲気。白黒のミュージシャンの写真が掛かってるとこなんか似てる。

マスターにそう言ったら「そぉ?行ったことない」だって。
ピアノに触ってみる。美しい音!うーん、音にかなりこだわりを持つお店らしい。ケニー・バロンもこのピアノがお気に入りだったそう。

奥様特製のおいしいコーヒーをいただいてくつろいでいると、ドラマーの松田ゴリ広士氏が登場。
一見サッカーの中田風コテコテの大阪人だ。リハのあとゴリの車でホテルに戻り(これがまたすごい大阪人の運転。一瞬ニューヨークのラティーノかと思った。)、着替える。
コンビニでおでんを買ってゴリの車でまたケルンへ。着いたらお店は超満員。今回のツアー最高の観客動員数91人!エレーナさんの御両親にひたすら感謝!です。


皆さんご家族のお知り合いということで、とてもなごやかな雰囲気。それを肌で感じてかここのMCが一番楽にできました。演奏内容もゴリによると「なかなか良かったんとちゃいまっか?」エレーナさんとツアー最後のライブはアットホームな感じで無事終了。エレーナさん、そしてご家族の皆さん、本当にありがとうございました! 
 翌日ホテルをチェックアウトしてタクシーで駅に向かう途中、「ああー!富士山だー!」すごい!あまりに大きすぎて見つけられなかったのか?歌詞の通り「頭を雲の上に出し」ていました。よかった、これでやっと安心して家に帰れるよ。

[ケルン]
ケルン 今や世界のケルン!
音質やマスターの情熱はそんじょそこらのライブハウスもびっくりでしょう。
ファンキードラマー「松田ゴリ広士」は初対面の私達(そうです、なんと私もなんです。)と戸惑い乍らも上手に会話してくれました。私の歌無しの演奏が特に良かった。(ごめんなさい)
シャレで演った「New York State Of Mind」もしみじみとしておもしろかったですよね?
ここのピアノの美しい音色は由香さんにぴったり!また出演してね。
私のツアー最終日は名残惜しい気持ちで溢れておりました。由香さん、篤人さん、又どこかで共演してください。その日を楽しみにしております。。。。。



[最後に・・・]
 いやぁー、楽しかった!何といってもたくさんの暖かい人達に恵まれたツアーでした。
人との出会いって本当に素敵ですね。音楽やってて良かった。
11月1日「上野GH9」にもニューヨークのピアニスト鈴木賀子ちゃんのご家族や、元駐在員の方々、お友達の紹介で来て下さった方、たまたま日本に滞在中のアンドレアスや昭さん、皆さん悪天候の中来てくれて本当にありがとうございました!
アンドレアスには先日道でばったり会って、「このあいだ東京で会ったのに何かヘンな感じだねー」と話しました。彼は「これからダンス(スイング)のレッスン」と、はりきって木枯らしの吹くイースト・ヴレッジを歩いて行きました。